米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆なだらかな稜線‥ 平標山〜仙ノ倉山 【2007年5月29日】

<<   作成日時 : 2007/05/29 23:06   >>

トラックバック 0 / コメント 20


膝のリハビリは自宅から近い「平標山(たいらっぴょうやま)」へ
ここの登山道はよく整備されているので安心だ



出発は朝6時半
ザックの中には3リットルの水
ストックはザックに付けて歩き出した

画像


「松手ルート」は最初から急な登りが続く
山頂までの単純標高差は1000b以上

息を整えながらゆっくりと登っていく

画像

画像

画像


登山道にも朝日があたる
しばらく行くと鉄塔が見えてくる

画像


画像


画像


画像


登山口から1時間ほどで鉄塔の下に到着
見上げるような巨大鉄塔の高さは120b

一息つくが急な登りはまだ続く

画像


画像


画像


画像


傾斜が緩むと視界が広がる
平標山山頂へ向かう稜線も見えてくる

山頂付近の天候はあまりよくないようだ

画像


視界が広がるとすぐに松手山(1613b)到着
稜線上は風が強く、寒い

画像


レインウェアを着て先へ

画像


画像


画像

画像

画像


画像

画像


山頂から南へ続く稜線は雲に隠れている
次々と流れ落ちる雲の様子は滝のようだ

画像


画像


西側には苗場山の姿
しばらく雲の中だったが、途中から見ることができた

画像


登山道のほとんどは尾根のやや南側につけられている

途中北側の展望が開ける場所もあり
平標山から仙ノ倉山へ続く稜線も見ることができる

画像


日白山、タカマタギへ向かう尾根上にも雪はないようだ

画像


出発から2時間半ほどで「平標山(1983b)」山頂
少し休憩

画像


場合によってはここで引き返すつもりだったが
膝の調子もいいので仙ノ倉山まで往復することにした

時折ガスに包まれると何にも見えないが‥

画像


一旦鞍部まで下ってから登り返していく
なだらかに広がる稜線の景色はこの山ならでは

画像

(↑クリックするとパノラマになります)

画像


画像


画像


画像


緩やかに何度かアップダウンを繰り返す

平標山から40分ほどで「仙ノ倉山(2026b)」山頂
谷川連峰の最高峰だ

画像


ここの眺望はとても素晴らしいのだが‥
(昨年レポはコチラ
今日はガスの晴れ間にわずかな景色が見えるだけ

画像


しばらく待ってみるが‥
ガスっている時間の方が長くなってきた

戻ろう

画像


画像


平標山への登り返しは意外とキツい

画像


画像


再び平標山山頂
時刻はまだ11時過ぎ

「平元新道」経由で下山する事にした

画像


画像


画像


画像


途中で見上げる雪形
どうしても「猫」に見えるなぁ‥

画像


「平標山の家」到着
建て替えられたばかりでとても綺麗なところだった

画像


画像


小屋前のベンチでのんびり昼食
次々と到着する人々で賑わっている

画像


30分ほど休憩の後、下山
階段状に整備された道を下っていく

画像


画像




画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


深い樹林帯に入り、階段がなくなると林道が近い

画像


「山の家」から40分ほどで林道到着

画像


樹林帯では鳥のさえずりが心地よかったが
いつのまにか聞こえてくるのはセミの鳴き声に変わっていた

画像


画像

画像

画像

画像

画像

画像


画像


林道をのんびりと1時間ほど歩くと車の音が聞こえてくる

画像


駐車場に到着すると車が増えていた

結局最後までストックを使わずに済んだ
膝の具合はもう心配しなくてもよさそうだな‥




他のところが筋肉痛になりそうだが



画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。
冬は厳しいところ・・ということを思わせないほどなだらかでのんびりに見えるところですね。写真を拝見しているだけでなんだか溜まったストレスが一気に解消されそうな感じです(^-^)
花もいろいろ。下半分が紫がかっているスミレ?こちらの山で私もたくさん見かけました☆
雪渓・・ネコに見えましたよ^^;
ふくし
2007/05/29 23:52
あきさん、こんばんは。
膝のリハビリで標高差1000オーバーってすごいですね。
しかも山歩きの途中にしゃがんで撮られてる写真が多くて尊敬してしまいます!ボクなんか撮りたくても、あ〜いっか・・・、と諦めてしまうコトがほとんどです。

快晴の展望も素晴らしいのかもしれませんが、雲の滝の流れを想像して鳥肌が立ってしまいました。
Shucream
2007/05/30 00:16
3月初旬に行った山とは全く別物みたいに見えます。
雪がないとこんな山なんですね。
その時は猫の雪形の上を滑っていたみたいです。
慌てて逃げているようにも見えます(笑)
苗場の山もすっかり雪が無くなってしまって、ちょっと残念。
dalfour
URL
2007/05/30 10:15
昨年の「花と展望・・・・・・・・平標山〜仙ノ倉山」
今年の「なだらかな稜線・・・・・平標山〜仙ノ倉山」
素晴らしいお花としっとりとした新緑、何れの時期も楽しそうな山を見せて頂きました。
昨秋、紅葉の時期に谷川岳へ登った折り、遠く「平標山〜仙ノ倉山」を眺めましたが、是非とも、今年は登ってみたいものと思います。
何時も、綺麗な画像を楽しませて頂き感謝してます。
葦原ボーイ
2007/05/30 20:10
ふくし様 こんばんは
コメントありがとうございます

ここは冬に登る方も多いようです 私も一度冬に‥と思っていたのですが今年は機会がありませんでした 手軽に登れる山ですが、標高以上に高い山の雰囲気を持っているので私の好きな山のひとつです 谷川岳まで続く道も一度は歩いてみたいと思っています

夏になると仙ノ倉山へ続く稜線上では数多くの花が咲きます いいところですよ 少々遠いとは思いますが、谷川連峰の山へお越しになる時は、この山もぜひ登ってみてくださいね〜

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/30 23:30
Shucream様 こんばんは
コメントありがとうございます

山頂までは登り一辺倒なので累積標高差=単純標高差と言ってもいいところだと思います こういうところって意外と楽なんですよ 歩いた分だけ標高が上がるので気分的にも楽ですね

他の方が写真を撮っている場面を見ることが少ないのですが‥ 私はしゃがんで写真を撮ることが多いかもしれません 目線を少し変えると景色が違って見える事は意外と多いように思います

稜線上の雲の動きは下界ではなかなか見ることができない「山登りの楽しみ」ですね アルプスの稜線で雲が生まれるところを見たときは感動しましたよ 山では嫌われがちな「雲」ですが、いろいろな景観を生み出してくれる時もありますね いずれきっと見ることになると思いますよ

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/30 23:54
dalfourさま こんばんは
コメントありがとうございます

春になると冬の雪景色も足早に去っていき、夏の風景に変わっていくんですね ネコの姿になって去っていくとは思いませんでしたが‥(笑

私も冬に一度登りたかったんですが今年は機会がありませんでした 来季はぜひ積雪期に登ってみたいと思っています でも、山スキーでサーっと滑っていく方々の中で歩いて降りるのは考えもの‥ 年齢的にはかなり「今更」感がありますが、来季は私も「滑ること」に挑戦してみたいと考えています(←かなり無謀ですが‥)

雪深い越後の山は季節が変わると風景も一変しますね ぜひ「夏の平標山」にもお越しください のんびりとしていていいところですよ

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/31 00:51
葦原ボーイ様 こんばんは
コメントありがとうございます

昨年の記事までご覧頂きありがとうございます 私も改めて昨年の写真を眺めてみたのですが、あまり進歩してないですね‥(汗 似たような天候だったので、次はぜひ天候がいい日に登りたいと思います

谷川岳〜仙ノ倉山の稜線もいずれ歩きたいと思っています 交通の便もいいので今年はぜひ実現したいです 谷川連峰、頚城山塊共に近場の山なので、機会があれば他のルートもじっくりと歩いてみたいですね(その前に一番身近な百名山「妙高山」に登らないと‥)

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/31 01:08
平標山〜仙ノ倉山は何時もガスで真っ白なんです!まだ景色見てないです(笑) 360度のパノラマを眺めたいです!
じゅんこ
URL
2007/06/01 16:59
あき さん 今晩は。
平標はあきさんの所からは近いのですか。私も比較的近いので時々登ります。今頃は峰桜と石楠花が咲いている頃なのですが、今年はあまり咲いてなかったようですね。ここの峰桜は群生していて中々見ごたえがあります。松手山の登山口あたりにはた、すみれもたくさん咲いて居る頃と思います。7月になると風露草や下野草などたくさんの花々が咲き乱れて美しい山ですね。
それにしても膝に違和感があって松手山コースから仙ノ倉とは中々の豪傑ですね。
インレッド
2007/06/01 18:57
じゅんこ様 こんばんは
コメントありがとうございます

このあたりはいつも天気が悪い印象がありますね 仙ノ倉山からの眺望はとても印象に残っていて、今年も‥と思ったのですが今回はちょっと残念でした 個人的には「左手に富士山、右手に米山」をまた見たかったです

実は稜線上を歩いている時はほとんどガスの中だったんですよ 写真はガスの切れ間にササッと撮りました(笑

次こそスッキリ晴れるといいですね
ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/01 22:28
こんばんは、あきさん♪

何年か前に行った苗場スキー場、その前にあった山は何とこの山だったんですね!!
とても存在感のある大きな山だったのを覚えています。
なんだか一気にナゾが解けて・・ちょっと感動。。。

木道・階段の多い山なんですね〜。よく整備されてて安全なようですが、かえって膝に負担がかかりそうな感じもします。
でもそんなところをストック無しで登られたのですから、膝の調子もかなり良くなっているということなんですね。
これからいよいよ夏山シーズン・・・間に合いそうですね。ヨカッタ♬
みっちゃん
2007/06/01 22:40
インレッド様 こんばんは
コメントありがとうございます

膝の状態によって平標山ピストンも考えていました かなり回復してきたようです 完全ではないですが、これで膝の不安を少し払拭することができました

ここは私のところから車で1時間半くらいです 出発が深夜だったのであまり遠くに行けなかったんですよ(笑 シャクナゲは蕾ばかりでしたが、もうすぐ賑やかになることでしょう 私も「花の山」という印象を持っていますが、華やかな時期に登ったことがないのでいずれまた登ることになると思います

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/01 22:46
みっちゃん様 こんばんは
コメントありがとうございます

当初は普通に歩くだけでも痛みがあったのですが、一ヶ月でかなり回復しました 膝を捻るのが少し怖かったので、敢えて階段だらけのここを選びました ご心配頂きありがとうございます

苗場スキー場から見たことはないのですが‥ 先日の「棒立山」から見たときはかなり大きく高く感じました 四季を通じてよく登られているとてもいい山なので要チェックですよ 仙ノ倉山で戻る場合はかなり後ろ髪引かれますが‥(笑

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/01 23:10
こんばんは! 素敵なレポに誘われて
行ってきましたよ〜! 雨飾山に続いて第二弾!
やっぱりとっても素敵な山でした!
トレースしてきました(^-^)しかし、あきさんが
筋肉痛という言うだけあって、残念な私の体はもう、
ヘロヘロボロボロになりました。膝のリハビリで
この山を選ぶ、あきさんの凄さに改めて脱帽です♪
いつも素敵な山を教えてくださって本当に感謝
しています(^-^)本当にありがとうm(._.)m
アフー
2007/06/05 02:03
アフーさま こんばんは
コメントありがとうございます

「平元新道」から登られたんですね 意外と長い林道と果てしなく続きそうな階段‥お疲れ様でした 「山の家」からの眺望は素晴らしかったでしょう 天国へ向かって延びていくようなあの階段を見るとワクワクしますよね

新潟の山は全体的にキツイ印象があります でも‥キツイ山ほど楽しい気がしますね(笑 ここは四季を通じて楽しめるいい山だと思います ぜひまたお越しください いつも楽しい記事と素敵な写真、私も楽しみにしてますよ

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/06 00:09
あ、猫…

随分前にあきさんがこの山を薦めて下さったのを覚えています。
い〜い山ですねぇ。この二つの組み合わせは前から気になっていて登りたいと思ってたんですけど、昨年は標高差がまだ無理と諦めていました。
やっぱりいい景色。谷川関係はみんな好みの山容をしてるから行ってみたい所がいくつもあります。
 膝の調子もいいみたいですね。やっぱり山好きな人は山で膝を治していくものなんだな〜(私もか)

あきさんはいつも3リットルも水分補給するんですね、す、すごい…。私はどうしてもトイレのことが気になってしょうがないので、あまり飲めないんです。体によくないってわかってるんですけどね、山の中にはトイレがないので…

プカプカ
URL
2007/06/11 00:25
膝に違和感有って平標山まで2時間半はスピード違反です。
ジィ〜ジ昨年6月以来登っていないので,新しくなった小屋はまだ見てません。ハクサンコザクラまだ咲いていないようですね。
輝ジィ〜ジ
URL
2007/06/12 21:03
プカプカさま こんばんは
コメントありがとうございます

天候は今回もイマイチでしたが景色のいいところですよね この周辺はそんなに遠くないので別の山、ルートも検討中です どこも意外と標高差がありますがアップダウンが少ない山域なので思っているより楽に登れるようにも思います 紅葉の頃にはぜひこちらへお出かけくださいね

暑くなってきたので水の量が増えますね この日実際は2gくらいしか使用してません(1gくらいはいつも予備と考えています) 4g担いで1gしか使用しなかった事もあります 汗をかいた分だけ補給するようにしています 私は汗かきなので山で用を足す事はあまりないかもしれません

膝はほとんど気にならなくなりました ご心配を頂きありがとうございます 下山時はかなり気をつけるようにしています 荷物の軽量化も大切ですね

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/12 23:45
輝ジィ〜ジ様 こんばんは
コメントありがとうございます

膝はすっかり良くなりました 下山時はちょっと気を使いますが、今まであまりにも無頓着に歩いていたのでこれでちょうどいいのではと思っています

もうすぐハクサンコザクラが咲く季節ですね 昨年、雨の火打山で見て以来まだお目にかかっていません 勉強不足で花のシーズンをよく知らないのですが、今年もどこかの山で会えたらと思っています

新しい小屋はいいですね この周辺は近場なので宿泊の機会はあまりなさそうですが‥ ここでのんびり過ごすのもいいなと思いました

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/06/13 00:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆なだらかな稜線‥ 平標山〜仙ノ倉山 【2007年5月29日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる