米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★急登‥ 権現岳〜鉾ヶ岳(後編の後編) 【2007年5月22日】

<<   作成日時 : 2007/05/24 02:56   >>

トラックバック 0 / コメント 18

(山行記事はコチラから)







長いようで短い道程を辿り終えてホッとした
さて、これからどうやって戻ろうか‥





とりあえずそのまま林道を歩いていくしかない
振り返るとさっきまでいたはずの稜線は遥か彼方





画像






この先、県道までは1時間ほど
そこまで行けばバス停がある
うまくバスがあれば柵口まで戻れるのだが‥





下山途中に財布を持っていない事に気づいていた
どうしようかとあれこれ考えながら歩いていると
後から近づいてきた車が止まった





見ると単独の方の車に先の二人組も乗せてもらっている様子
お言葉に甘えて県道まで乗せてもらう事にした





助かった‥
県道に出たところでバスに乗るふりをして降ろしてもらった
車は国道方面へ向かうようだが私は逆方向





そのまま県道を歩き出した
ちょうど通りかかったバスが走り去っていった
何もない山でも小銭くらいは持っていないと‥





画像






権現岳を遠くに眺めながら県道をトボトボと歩いていく
車に乗せてもらわなかったら更にどれだけ歩いたことか‥
見知らぬ人の親切がとてもありがたく感じられた





40分ほどで「柵口」バス停に到着
思っていたより早かったが‥
アスファルトの上を歩くのはやはり疲れるものだ





更に林道を40分ほど登る事になる
朝は車で登ったところだけにちょっと辛い





画像


画像






まだ強い陽射しを浴びながら舗装された林道を歩いていく
沢の音が近づくと、今朝も見た三角屋根の小屋が見えてきた
車に乗り込んでまた県道へ戻り‥そして温泉へ





沢に面した露天風呂に浸かると天国にいるような気分だった
一日を思い返し涼風にあたっていると、長い夢を見ていたような気分になった





画像






外へ出るといつの間にか雲が無くなっていた
火打山から妙高山まで綺麗に眺める事ができた
気になっていた膝もかなり回復した様子





眠気と戦いながら1時間半の帰宅ドライブ
こちらから眺める米山の姿は久しぶりに見るような気がした





画像














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
あきさん、こんばんは。
面白い山があるんですね!
まさにアスレチック!登ってみたいなぁ・・・。
両側が切れ落ちた細尾根、どうやって渡ったんでしょうね(笑)
カタクリの群生、とてもきれい・・・。そして、あきさんの写真もほんときれい!
車に乗せてもらえて良かったですね。歩きだと1時間追加でしょうか。
そういったご好意はほんとありがたいですよね。
私も今日、違う権現岳に登ってきました♪(まだアップしてませんが)
まると
URL
2007/05/24 20:30
あきさん、こんばんは
前編から一気に読みました。
なんだか道中ほぼロープって感じですね!
暑さで止められたようですが万歳三唱されているあきさんをちょっと見てみたいです。それにしてもアスレチック登山とは思えないほど写真が豊富ですね!同じ道を歩いている気にさせて頂きました。

火打山&妙高山、綺麗ですね〜。
次のテン泊で是非行ってみたいです!
Shucream
2007/05/24 20:39
私もこういう山、大好きです〜
疲れるようで疲れない、次はどんな道があるんだろう・・ってワクワクしちゃいますよね。
でもこの「胎内洞」25メートルもあるんですか・・長いですね。これはちょっとパスしたいところです、何しろ狭所恐怖症なもので(笑

こんな急登でもあきさんの写真は確実にとらえてますよねぇ・・。これも「適当に撮っている」のですか?私が「適当に」撮ったら本当に「適当な」写真になってしまうわけで・・視点が違うんですよね〜〜。今回も臨場感たっぷりで、楽しめました。

新潟は色々な山があって本当にうらやましいです。お花もたくさん咲く季節になったんですね。カタクリのイナバウアーもキマッテマス・・
みっちゃん
2007/05/24 22:39
あきさんこんばんわ!昨年の11月に私も友人と登ったばかりで懐かしくて一気に拝見してしまいました。鉾ケ岳の情報は少なく一寸甘い気持ちでトライした私達でした。あきさんとは逆コースで権現からの下りが長かった・・・夜の7:30になってしまいました。友達が夜なのにちょうどあきさんの写真に写っている民家に入り、タクシーを呼んだのでした。タクシーの運転手さんが私達のとったコースは逆だと教えてくれました。わすれられない山行になりましたが紅葉と海が綺麗だった・・・。春は花が綺麗なんですね!今度登るときは柵口から登ることにします。頚城の山は明星山でのクライミングしか経験がない私でしたが、次の日は頚城駒ケ岳と海谷ハイクをしすっかり気にいってしまいました。次は青海の黒姫山に登りたいです、もちろん米山も・・・また、レポート楽しみにしています。
tekuteku
2007/05/24 23:02
長い連続の美しい景色を追いかけるように眺めてここまで辿り着いたら、いつの間にか私もこの山を歩いているような気分になってました。それが不思議な感じ…あきさんマジックだ〜(笑)
そのせいか疲れた感じも温泉で感じた極楽加減もなんだか実感が伝わってきます。

それにしても…相変わらず何もかもがきれいな写真で、圧倒的ですね〜っカメラ変えてません?やっぱり腕が上がってるんだろうなぁ。もう追いつけない!
葉っぱの美しさがとにかくもう最高です。空も、岩も、山も…。

それにしてもかなり大量の綱・綱・綱の連続のようで…腕がちぎれそう(^_^;)

権現岳っていうと真っ先に八ヶ岳を思い出しましたけど、ここはどうやら違う様子。一体どこにある山なんでしょう?あきさんは私が聞いた事もない山にたくさん登るから、いつも「行ってみたいけどここはどこ?」と悩みます(汗)
どこなんですか〜っ教えてください〜っっ
プカプカ
URL
2007/05/24 23:33
まると様 こんばんは
コメントありがとうございます

「権現岳」といえばやっぱり八ヶ岳が有名ですよね でもこちらの「能生権現岳」もなかなか登り応えのある素敵な山ですよ 本文にも記述したように秋の紅葉もかなり綺麗ではないかと感じました 予想を遥かに上回る花々の群生には圧倒されましたよ 機会があればぜひぜひ登ってみてくださいね 切れ落ちた細尾根の渡り方も‥登ってみるとわかりますよ〜

大人になると「夢中になれる」事が少なくなりますが、この山では童心に帰って夢中で楽しむ時間を過ごすことができます 五感を研ぎ澄まし全身で攀じ登る感覚は言葉に出来ない快感ですね

偶然は必然‥ 頂いた「一時間」はいつか他の方に譲りたいと思います 見知らぬ方への感謝を込めて、この「後編の後(あと)編」は敢えて別記事としました

「権現岳」レポ楽しみにしてますよ〜
ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/25 00:05
Shucreamさま こんばんは
コメントありがとうございます

ひたすらロープを伝って登る険しい山をどう記事にするか‥ 考えた末、結局ほとんどのロープ場をアップする事にしました メッチャくどいレポですがご覧頂き嬉しいです 個性的なこの山の雰囲気が少しは伝わったでしょうか‥

朝と夕方に麓から眺めた火打山の景色は印象的でした 火打は眺めても登ってもいい山ですよ 今年もぜひまた行きたいと考えています 私も次はテン泊かな‥ もうすぐまたハクサンコザクラの季節になりますね

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/25 00:19
みっちゃん様 こんばんは
コメントありがとうございます

高所恐怖症の私がここへ登れるんですから‥きっと大丈夫ですよ 夢中になって登っていたら山頂到着はあっという間でした こういう山は本当にワクワクしますよね〜

自分で実際に見た景色の写真は客観的に見るのが難しいです 傾斜感、高度感、温度感‥ 雰囲気が伝わっているなら嬉しいことです 実際は見たままに撮ってるだけですよ

このあたりには個性的な山が多いですね 登山道の険しさがクローズアップされがちな山ですが、花の数にもビックリしました 険しい山ほど魅力的な山が多いように思いますね

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/25 00:42
tekutekuさま こんばんは
コメントありがとうございます

そう! この山の情報はとても少ないんです なので自分で詳細な記事をアップしようとも思いました コース設定はかなり迷いましたね〜 結果的にはコレがベストかなと思います

明星山の南稜は有名ですよね 私はクライミングの経験はありませんが、石灰岩の山にはとても興味があります 山岳カルストの「青海黒姫山」は私もかなり前から登ってみたいと考えています 山頂で化石拾いなんてここだけの楽しみですよね 早く登ってみたいなぁ‥

ここから眺める秋の日本海は綺麗でしょうね 私もぜひまた登りたいと思いました でも周辺に魅力的な山々がまだあるので‥秋は迷いますね

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/25 01:06
プカプカさま こんばんは
コメントありがとうございます

えーっと‥ 新潟県の上越市と糸魚川市のちょうど中間くらいのところです 頚城アルプス(妙高山、火打山、焼山、雨飾山)と日本海の中間といってもいいですね 私のところから車で1時間半くらいです このあたりはとても個性的な山が多いんですよ

今回は「質より量」ですね(笑 いつものコンデジですよ 見ての通り、サムネイルの大きさや並べ方のメリハリでごまかしています ここはどちらかというとマイナーな山域なので写真の数は多めにしてみました お褒め頂きありがとうございます 私自身かなり楽しんできたので、記事からそれを感じ取っていただけたら幸いです

いつもながら説明不足な記事ですが‥
ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/25 01:32
あきさん
はじめまして。ブログ1周年おめでとうございます。
いつも楽しく拝見させてもらっています。
ところで、権現岳、鉾ヶ岳はヒデは大好きな山です。でもあまりみなさんの山行記録がないので不思議に思っていました。石楠花でもしられていまね。ちょっと石楠花は遅かったのでしょうか?。
ヒデ
URL
2007/05/25 05:54
うん〜ん聞きしに勝る凄い山ですね権現岳と鉾ヶ岳!
糸魚川付近には気になる山が沢山ありますが・・・登ってないです。
グリーンシャワーを沢山浴びていいなぁ〜♪
スリルも味わいました(汗)
じゅんこ
URL
2007/05/25 10:16
あきさん、こんにちは♪
権現岳・鉾ヶ岳、とっても楽しそうな山ですね。
ロープ場がたくさんあって、戸隠でお会いしたおじさまに「猿みたい」と言われた私としては、是非チャレンジしてみたいです(笑)
やはり新潟には私の知らない、良い山がたくさんあるんですね!
あきさんのレポを拝見していると、登りたい山がどんどん増えてしまいますね〜。
お天気にも恵まれて、残雪の山々の眺望もカッコイイです☆
moe
URL
2007/05/25 16:15
ヒデ様、ミノ姫様 はじめまして
コメントありがとうございます

出発前に記録を拝見してました 確かにこの山は山行記録が少ないですよね〜 こんなに楽しい山なのに‥ 

石楠花はかなり期待していましたが、若干遅かった印象です ご承知のように今年の新潟は雪が少なかったので、花の時期も読みにくいですね 花にもよりますが全体的に早いように思います 昨年逃してしまった花も慌てて追いかけないとまた逃してしまいそうです‥

おかげさまで一周年になりました 爺と姫のほのぼのとした会話も楽しく拝見していますよ これからもよろしくお願いいたします

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/25 22:32
じゅんこ様 こんばんは
コメントありがとうございます

この周辺はわりと近場なのでこれからも行く事になると思います 個性的な山がたくさんありますね 標高が低いのに険しい山域‥夏は暑く冬は難易度が高いところなので、登るのはどうしても春か秋になってしまいます このあたりで私が次に登りたいのは「青海黒姫山」あたりかな‥

新緑が気持ちいい季節ですね ここはとても爽快な気分が味わえるのでオススメですよ ぜひ登ってみてくださいね

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/25 22:47
moeさま こんばんは
コメントありがとうございます

「夢中で登る」って楽しいですよね 膝の不安もあったので「足だけでなく全身で登れる山」を選んだんですよ 思っていた以上に素敵な山で、充実した山行になりました ホントに楽しいところなので、機会があればぜひチャレンジしてみてくださいね〜

戸隠は私もそのうち登りたいと思っています 難所がある山ってクセになるんですよね(笑

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/25 23:02
小生権現岳は、10年以上前に登りましたが、当時はデジカメも無く、懐かしく思い出させて貰いました。只、その時は先の登山道が一部崩落してトッケ峰方面進めず往路を戻りました。故に鉾ヶ岳は残念ながら未踏なのです。6月始めに所属する会で企画されているんですが、所要で参加できず。。
輝ジィ〜ジ
URL
2007/05/30 07:43
輝ジィ〜ジ様 こんばんは
コメントありがとうございます

権現岳からトッケ峰に向かう稜線は意外と険しかったです どこで崩落していてもおかしくないようなところだと思いました 再チャレンジの日が早く訪れるといいですね

そちらからだと頚城方面は結構遠いところですよね 同じ県内でも新発田以北は私のところからとても遠く感じます 新潟は広いですね〜 遠くの名山もいいのですが、最近は県内の未踏の山にもとても興味があります 少しずつでも勉強していこうかと思っています

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/05/31 00:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★急登‥ 権現岳〜鉾ヶ岳(後編の後編) 【2007年5月22日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる