米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆信仰の山‥ 飯綱山 【2007年3月16日】

<<   作成日時 : 2007/03/16 19:42   >>

トラックバック 0 / コメント 8

早朝の一ノ鳥居苑地駐車場 



広い駐車場だが除雪状況はあまりよくなかった 
はまりそうになりながらなんとか車をとめる



朝の外気温は−7℃‥さすが信州の高原
しかし風があまり無いせいかそれほど寒さを感じない



画像




7時出発 南登山道へ向かう



画像


画像




15分ほどアスファルトの車道を歩く

雰囲気のいい別荘地を行くと飯綱大明神の鳥居
その先には目指す飯綱山も見える



画像




少し歩くと左手に登山道の入口
久しぶりのカラマツ林が心地よい
積雪は少なめだが山頂付近はどうか



画像


画像




登山道脇に石仏が現れる
全部で13体あるとの事



画像


画像




早速ひとつ見落としてしまったようだ



画像




またひとつ見落とした‥
八海山の八ッ峰でも見落としてるからなぁ



画像


画像


画像


画像


画像




次第に山頂が大きく迫ってくる
雪があるせいか遠く感じる



画像




トレースはしっかりとつけられていた
よく見ると今朝のものではないようだ



画像


画像




「第九勢至菩薩」を過ぎると傾斜が急になる



画像




右後方には長野市街方面の視界が開けてくる
天気はイマイチ



画像


画像


画像




「第十一阿閃如来」のある「駒つなぎの場」
ここから先はさらに急な尾根が続いている

積雪期は直登が基本だと思うが
トレースは夏道に沿ってトラバースしていた



画像


画像




九十九折の雪の急坂を登っていく



画像


画像




登りきると再び尾根に出る
この付近に「天狗の硯石」という岩があるらしいが、どれだかわからなかった



画像




「第十二大日如来」も近くにあるはずだが‥気づかなかった



画像


画像




次第に展望が開けて気持ちいい‥はずだがあちこち雲だらけ
天気がいいのはこの周辺だけの様子



画像




北アルプスの風景も少々残念



画像




山頂に向かう最後の急坂をゆっくりと登る
久しぶりの雪山歩きで足がなかなかあがらない



画像




左手に戸隠連峰が見えてくる
あのギザギザを歩くのは厳しそうだ



画像




高度を上げると尖がった高妻山の姿も見えてくる
だがこの後すぐ雲に隠れてしまった



画像


画像




山頂直下の雪はクラストしていた
久しぶりのカリカリ感が心地いい



画像


画像




飯綱神社のある南峰に到着
山頂(北峰)まであと僅かな距離



画像


画像




神社を後にするとトレースが完全に消えていた
吹き溜まりに注意して雪庇に乗る



画像




わずかな距離だが自分だけの道を歩いていく
ここで初めてアイゼンを装着した



画像


画像




登り始めて2時間半
飯綱山(1917b)山頂に到着



画像




ここまで誰にも会わなかった
山頂独り占めはやっぱり気分がいい
だが期待の展望は‥



画像


画像


画像


画像




‥ちょっと残念
戸隠連峰を眺めながら下山とした



画像


画像


画像




神社前でしばらく休憩
雲行きが怪しい



画像




下山開始は10時過ぎ



画像




やっと見えた‥白馬三山



画像


画像




「天狗の硯石」付近からだんだん雲に覆われてくる



画像




次第に小雪が舞う
早めの出発でよかった



画像


画像




ほぼ一時間で下山
結局誰にも会うことがなかった



画像


画像


画像




時刻はまだお昼前
登った山を眺めて帰ろうかと思ったが‥



画像




青空だった飯綱山はすっかり雲の中
本降りの雪の中、車を走らせる



意外と可愛らしい石仏の姿が印象に残る山
またいつか展望が期待できる日に再訪したい






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
石仏に導かれながら登っていく・・何だか神聖な感じ。本当に「信仰の山」なんですね〜。木の陰になっていて見落としちゃったんでしょうか・・(木と同化してるみたいですが・笑)
それにしても純白の山、やっぱりいいですよね〜。夏山とはまた違った美しさ、というか、山本来の姿(美しさ・厳しさ)を垣間見れるような気がします・・・なんか、私も相当虜になっちゃってるな〜(笑
お天気もあきさんを待っていてくれたようでよかったですね。私も「もう少し」雪山を楽しみたいです・・。
みっちゃん
2007/03/16 22:54
あきさん、こんにちは。
ビンゴ!!
昨日、飯綱山に登られていたんですか!?前日に言ってくだされば、麓から山頂のあきさんにモール信号?いやいや、念を送ったのに。
昨日は長野市内も風が強かったので、山頂もかなり寒かったのではないでしょうか。
あんなに見事な雪屁が出来ているなんて!むくむく。。また行きたくなってしまいました。
最近、あきさんの影響からか意外とウチから新潟の山も手軽に行けるんだなぁ。と、いろいろ調べています(^^)

rommy
URL
2007/03/17 12:43
みっちゃん様 こんばんは
いつもコメント頂きありがとうございます

寒い日ほど雪山に行きたくなりますよね 不安定な天候に春の兆しを感じますが、山の雪はもうしばらく楽しめそうです やがて雪が融けて暖かくなり‥そろそろ虫対策をしないといけない季節がやってきますね 歳のせいか季節の移り変わりをとても早く感じます

私も「神聖な雰囲気」なのかなと思っていたのですが‥ 石仏の顔立ちをよく見てみると案外可愛らしくて意外でした 十三体すべてを追って登るつもりはなかったのですが、つい見とれてしまい結果的にほとんどの石仏を写真に収めることになりました 見落とした二つは次回の宿題ですね 逆光の石仏にフラッシュ忘れたのも悔いが残るので、またいつかリベンジです‥

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/03/17 22:23
rommyさま こんばんは
コメントありがとうございます
「感冒」は治りましたか〜 早く元気になってくださいね

名づけて「病床のロミィさんに飯綱山の景色をお届けして元気になってもらおう」山行だったんですよ〜(笑  ご覧頂き嬉しいです

山頂ではあまり寒さを感じませんでした(冬山に体が慣れたせいでしょうか‥) 暖かくなってきたらあの駐車場も車もいっぱいになるんでしょうね 山頂からの展望を期待してまた登りたいと思っています

私のところから飯綱山まで車で2時間かからないです 先日行った二王子岳(いちおう新潟県内)よりずっと近いんですよ 途中渋滞しそうな市街地もなくすんなりと行けるので長野は身近に感じます 新潟の山にもぜひお越しくださいね 

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/03/17 23:08
こんばんは。飯綱山も良い山ですね〜。雪のない季節に登ってみたくなりました。
暖冬で雪が少ない今年ですが、それでも飯綱神社の鳥居がほとんど埋まってしまっているんですね。
例年だとすっぽり埋まってしまうのでしょうかねぇ。
あきさんの所に伺うと、本当に雪の山々の綺麗さにうっとりして、行ってみたいと思ってしまいますよ〜。
自然の作り出す美しさってやっぱり良いですね。

下山までお天気もって良かったですね♪
まるち
URL
2007/03/19 23:01
石仏を見落としてしまうのはそれは、その分あきさんが山の中で自然の景色に対して関心が強いことの表れなのかもしれませんね。空や木々や向こうに見える景色を感じている間に石仏の前を過ぎていく様子を思い浮かべてみました。

ところでアルプスの写真、不思議な感じに見えますね。低い山の向こうでまるでそこに乗っかってるようにドーンと。天候のせいなのか遠近感が多少薄れて不思議な光景になってます。戸隠はそれにしてもかっこいいですねぇ…(妙義に並びますね)

またたっぷりの雪の積もった山頂を見せてもらえてうれしかったです。自分が来年の冬に登る時のイメージ作りになります。その時はいろいろ質問するのでコツとか装備とか教えてくださいね!
プカプカ
URL
2007/03/20 00:58
まるち様 こんばんは
コメントありがとうございます

雪が多い年はきっといろいろなものが埋まっているのではと思います 雪の下には何があるかわからないので歩いていてドキドキする時もありますよ 今年は確かに雪が少ないという話をあちこちで聞きますね

雪山は綺麗ですね 私はシンプルな造形に惹かれます 機会があればぜひ‥ 

この時期の天気は読みにくいですね この日は運がよかったですが 今日はちょっとハズしたなぁ‥(笑

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/03/21 00:43
プカプカ様 こんばんは
いつもコメント頂きありがとうございます

歩いていると方角や時間を気にするので他のいろいろなものを見落とすんですよ 特に初めての山ではその傾向が強くなります 初めて登る山は再訪の時に役立つよう情報収集している面もありますね もちろんボーっと景色を眺めることも多いのですが

生で見る戸隠連峰はかっこいいですよ 槍の北鎌尾根みたいでした 妙義もやっと見てきました 「ギザギザ」がかっこいいのはなぜでしょうかね‥

来年は雪山本格デビューですね 意外と情報が少ないので苦労しますよ 私のブログが参考になれば幸いです

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/03/21 00:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆信仰の山‥ 飯綱山 【2007年3月16日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる