米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆晩秋の米山 【2006年11月13日】

<<   作成日時 : 2006/11/13 18:44   >>

トラックバック 0 / コメント 23

画像


私の暮らす小さな街では、どこからでもその姿を見ることができる米山
小学校から高校まで毎年必ず登り、校歌にも必ず歌われる
地元密着の山であり、冬でもトレースのない日はほとんどない


画像


登山口へ向かう途中、通称「恋人岬」からの米山
(手前は国道8号線「米山大橋」)
地元でこの景色を知らない人はいないほど有名な景色
標高はたったの993bだが海からそびえる独立峰の姿はなかなか美しい







■9:20
大平登山口駐車場

画像


自宅から20分ほどで小さな集落に着く
駐車場は冬も除雪が行き届いていてありがたいところ

今日も10台ほどの車がとまっている
平日なのに相変わらず人気がある

準備をして古い民家の横から歩き始める
ここを歩くのは何度目か‥ 久しぶりの再訪だ

画像


画像


少し歩くと林道と合流する
歩きなれた道だ

画像



■9:30
大平登山口

画像


林道と分かれて登山道となる
ここからは急登の連続‥

画像


画像


落ち葉が敷き詰められた階段を登っていくと尾根に出る
夏道は山腹をトラバース気味に登るのだが
すでに一部は冬道(尾根道)を歩くよう整備されていた

樹林帯が続く道だがこの時期は葉が落ちて景色が開けている

画像


画像


画像


二ノ字までは整備された階段状の道が続く
途中から右手に妙高連峰を見ながらの登り

画像


徐々に視界が開けて左手には日本海が見えてくる

画像



■10:10
二ノ字

画像

(左手奥が米山山頂 正面は711ピーク)

ここまで1時間くらいのはずだが、今日は早い到着だ
休憩適地だがそのまま先へ行く

画像


すぐトラバース路との分岐があるが右の尾根道へ
急な階段状の道を登りつめると711ピークだ

画像


■711峰

画像


ここからの展望はなかなかだ
妙高連峰から上越市街、日本海が見渡せる

画像


画像


左から妙高山、火打山、焼山‥ 
ここから見ると妙高山の外輪山が山頂を取り囲む様子がよくわかる

この先は細尾根で冬はちょっと厳しいところだ
鞍部まで少し下りになる

画像


画像


画像


画像


鞍部を過ぎ再び急登になる ブナの原生林が美しい
新緑の頃はきれいな景色のところだ

画像


■ガンバレ岩

文字がキレイに塗りなおされていた
ここを過ぎると傾斜が緩やかになってくる

画像


画像


道の脇には雪が‥ 昨日の分かな

画像


水場の分岐を過ぎると山頂はすぐそこだ

画像



■11:00
米山山頂

画像


山頂には薬師堂と立派な避難小屋がある
日本海からの風が直接あたるので、ここはいつも風が強い

標高は1000bに満たないが独立峰なので展望はとてもいい

画像


画像


谷根コース側へ少し進むと山座同定盤のある広場がある

画像


山頂から私の住む街が見下ろせる
海岸線の先には弥彦山の姿

画像


小屋で休憩しようとドアを開けたら、中には何組かの人達が休憩中
しばらくすると次々と下山して行った
二階は宿泊できるように毛布などが常備されている

画像



■11:30
小屋出発

晴れ間も見えるが風が強くなってきたので下山しよう

画像


画像


海を見下ろしながら滑りやすい道を下る

画像


画像


画像


振り返る米山‥次回は冬だな

画像


画像


画像


画像



■12:20
登山口到着

いつもより早いタイムでの下山‥ちょっと嬉しい

画像


画像


画像


駐車場に戻ると少し車が増えていた 
片付けて自宅へ‥







(おまけ)

画像


画像


市内の「松雲山荘」の紅葉です
この時期開催される夜のライトアップがきれいです



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
あきさん、こんばんは。
暮らしている街にこんな展望の良い山があるなんて素敵ですね。
山に魅入られる以前からドラえもんに出てくる「裏山」に憧れてました。ボクの暮らす街は山も海も無く、チョコレート工場の甘い香りが漂うばかりです・・・。
Shucream
URL
2006/11/13 19:12
地元の山というのは何かしら思い入れがあるものです。私も登山はじめは自宅近くの山(標高300mくらい・・)でのトレーニングからでした。当時はそんな低い山でも筋肉痛起こしたりしてましたが、、、久しぶりに登ってみようかなぁ、色々と期待しつつ・・・。
相変わらずアップ早いですね〜〜〜
みっちゃん
2006/11/13 20:25
海の無い県に住む私は山の上から海が見える景色というのが不思議な感じがします。さぞ気持ちのいいものでしょうね。
それにしても、立派なそれにきれいに使われている避難小屋があるのですね。避難でなくても泊まりたくなったりしそうに見えました。(笑い)
写真の山はもうすっかり初冬の風景ですね。昨日私は岐阜県と福井県の境にある夜叉が池に登ろうと思っていたのですが、町内の行事で見送り・・今年はもう山歩きは期待できないかもしれないと思っています。
その分、あきさんのブログ、楽しみに見せていただきます
つれづれ
2006/11/13 21:36
あきさん、こんにちは♪
日本海や妙高連峰が見える地元の山ってカッコイイですね!
私の地元の山と言えば金剛山(200名山)ですが、やはり小学校・中学校と毎年登らされました。
特に中学生の時は耐寒訓練として冬山にアイゼンをつけて登るので、氷でツルツル滑って辛かった記憶があります。
その当時は嫌でしょうがなかったので、山頂からの眺望なんかも憶えていませんが、久しぶりに登ってみたくなりました。
米山も300名山であきさんのレポを拝見して、とても良さそうな山だと分かり、いつか登ってみようと思いました。
最後のおまけの紅葉もとっても素晴らしいですね!
moe
URL
2006/11/14 10:43
良い山ですよね、米山さん!!!。私の雪のない米山大平コースは、五年前で、無雪期の登山道の様子、新鮮に拝読しました。登山道もきちんと整備されているんですね。
ブナの原生林、新緑・紅葉時、見ごたえがありますよね。
 今年の5/13−14、水野集落から一泊(往復)で歩いた時、麓の車を不審がられて、警察から問い合わせの電話がきたことを思い出します。山頂の立派な避難小屋に泊れることを知らない地元の方が、心配され通報されたようです。ノンビリ泊って楽しむにも良い山です。
テントミータカ
URL
2006/11/14 18:11
あきさん、こんばんは。
米山ですか〜初めて耳にした名前の山です。海岸線から見ると、ほんと目立ちますね。
海が見えて、しかも火打・妙高までもあんなに近くに見えるなんて(*^^*)
山頂から海が見えるって・・・すごく憧れます。晴れた日には火打や雨飾からでも海が見えるって聞いたことあるんですが、ほんとなのかな〜
地元の山って何回登ってもいいですよね。私にとっては飯綱山がそうかな。
避難小屋もとっても綺麗だし、何より集落の中にあるのが故郷の山という感じがしますね。
PS.トップブログの題名の写真、ナイスアイデアですねっ♪雪が降ったら私も真似したくなりました。
rommy
URL
2006/11/14 19:37
Shucreamさま
コメントありがとうございます

山登りを始める前は存在を特に意識しなかったのですが、ホームグラウンドの山があるのはありがたいですね ここではいろいろな事を教えてもらいました 「裏山」と呼ぶにはちょっと立派すぎるかもしれませんね‥
見知らぬ景色に感動することもありますが、見慣れた景色に安心することもありますよね 近いかどうかは別にしてホームグラウンドになる登り慣れた山があるといいですよ 同じ山でも季節を変えて登るといろいろな表情を見せてくれます 機会があればルートを変えて登りたいですね

ご訪問ありがとうございました どんな街にもいいところがあると思いますよ
あき
2006/11/14 20:27
みっちゃん様
コメントありがとうございます

よくわかりますよ〜 レポはありませんが、登山を始めたばかりの昨年秋頃にここへ登った時はいつも息切らしてました 何度か登った山は自分の体力を測ってくれますよね 久しぶりに登るとなんだか小さく見えたりして‥ 
ご訪問ありがとうございました この季節になると登れる山が少なくなりますが‥ また覗いてくださいね
あき
2006/11/14 20:38
つれづれ様
コメントありがとうございます

無いものねだりですが‥ 私は周りを山々に囲まれている景色を初めて見たとき感動しましたよ 海のない地域の方が夏になると海に遊びに行くように、私は山に囲まれた地域に遊びに行きます 考えてみると不思議ですね
ここの避難小屋は何年か前に建て替えられましたが本当に立派です 地元の山岳会の方々の御尽力には頭が下がりますね もちろんちゃんと泊まれるので機会がありましたらぜひ‥ 夏祭りには海で花火大会があり、ここから眺めるとなかなかいいらしいですよ
ご訪問ありがとうございました 忙しい季節ですね 私もこれからは少し間隔があくと思います
あき
2006/11/14 20:51
こんばんは。
いいですね、地元の親しみがあり、登り甲斐もあるお山があるのは。
羨ましいです。
僕の生まれた愛知県には近県には恵那山や伊吹山などがあるのですが、これだぁ!というお山がありません。
う〜ん、三ヶ根山、鳳来寺山ぐらいかなぁ。捻り出して出てくるのは。
知っているのって愛知県民ぐらいかも知れませんが。
dalfour
URL
2006/11/14 21:01
moeさま
コメントありがとうございます

金剛山ってHPあるんですね〜ちょっとビックリ それに中学生でアイゼンですかぁ‥ 二度ビックリです 学校登山にもいろいろあるんですね 「耐寒訓練」って言葉に圧倒されました 私も学校登山のときは嫌で仮病使ってサボった事もあります‥ 
標高は低いのですが登ってみると「ミニ鳥海山」って感じでなかなかの名山ですよ 新緑の頃と紅葉の季節はオススメです お近くにお越しのときはぜひ登ってみて下さいね
ご訪問ありがとうございました 紅葉もそろそろ終わりですね‥
あき
2006/11/14 21:16
つれづれさんも書かれていますが、私も海無県に住んでいる為、山頂から海が見えるっていう山に憧れてしまいます。
遠くに海が〜っていう山はいくつか登りましたが、見下ろせば海っていう山は余り登っていません。登っていても霞んでいて見えなかったり。
地元の人たちに愛されている山って素敵ですよね。
私の所にも小学校の遠足や、高校生の行事で何回も登る山があります。本当にマイナーで地元人しか知らないよな山なんですが、久々に登ってみたくなりました。
そして自分の住んでいる街を見下ろしたいな〜。
気が早いですが、来年雪解けしたら新潟の海の近い山に登ってみたいです。その時は米山を候補に入れちゃいま〜す。他にもお勧め教えて下さいね。
まるち
URL
2006/11/14 21:16
テントミータカさま
コメントありがとうございます

さすがですね〜 そう、米山は「さん」が付くんです! 積雪期にも県内外から多くの方が来られますね 私は去年の冬、ここと角田山ばかり登ってました 
平日歩いていると山岳会の方があちこちで作業をしている光景をみかけます とても頭が下がりますね 避難小屋にもいつか泊まってみたいと思うのですが近すぎてなかなか機会が‥ 家追い出されたらここに行こうと思ってます(笑
ご訪問ありがとうございました 私も小嶋屋党ですよ〜
あき
2006/11/14 21:43
ロミィさま
コメントありがとうございます

火打も雨飾も山頂から日本海見渡せますよ〜 天気が良すぎると霞んでよく見えないのですが‥ 条件によっては海と空の境目が曖昧で不思議な感じの景色になります(去年の秋の雨飾がそうだった) 海沿いに住んでいると眺める海の色も空と同じで季節や天候によって違う事がよくわかりますね 
飯綱山近いんですね〜 今日帰りに眺めてきましたよ そう遠くないので私も一度登ってみよう‥ 頂いたコメントから見知らぬ山に親近感を覚えるのがなんだか不思議ですね
ご訪問ありがとうございました ヘタな題名写真は今日作成したものです コレとっっても苦労したんですよぉ‥ ぜひ試してみてくださいね
あき
2006/11/14 22:08
dalfourさま
コメントありがとうございます

地元では親しみを込めて「米山さん」と呼ぶのが正しいんです 地元民謡でもそう呼ばれてます 「富士さん」と同じですね(笑  登り甲斐は及びませんが‥
私の住む地域では子供の頃から方角を「海の方」「山の方」と認識して育ちます 風向きや雲のかたち、雨量、積雪量は方角と関連付けて覚えていきますので自然と身についた知識も多いのではと思います 他の地域に移り住むとその良さがわかってきますね でも雪国の田舎なので他の苦労が多いのですが‥
ご訪問ありがとうございました 三ヶ根山、鳳来寺山‥ちょっと調べてみようっと
あき
2006/11/14 22:29
まるち様
コメントありがとうございます

標高が高いと必然的に山頂が海から遠ざかるので、海の景色は比較的低い山のほうがいいのではと思います 私も鳥海山に登ったときは日本海が霞んでよく見えなかった記憶があります 雨飾山もそうでしたね ここは機会があったら新緑か紅葉の季節にぜひ行ってみてください
海を見渡す山といえばオススメは「角田山(灯台コース)」です 4月のカタクリの季節は平日でもビックリするほど賑わいますが、山の斜面を埋め尽くすカタクリの花と佐渡島を見下ろす日本海の絶景はきっと気に入っていただけると思います(周辺に温泉もいっぱいありますよ♪) ちなみに角田山は冬も賑わってますよ(私も必ず行きます)

ご訪問ありがとうございました 私は山に囲まれる景色に憧れますね〜
あき
2006/11/14 22:55
おまけがきれい。

あきさんきっとどこかに登りに行ってるだろうなぁと思ったら、やっぱりでしたね。
ああ〜毎週ペースだったのに、私は風邪で今週はリタイヤでした。
せめて微熱があっても登れるような近い低山はないかとあれこれあれこれ…
地図を見ながらあれこれ悩んでいたら余計熱があがってしまいました(笑)

千葉県内は300mの山(丘?)がポツーン…ポツーンとしかないし、あっても簡単に登れてしまうせいかほとんど公園状態なのです。
じゃあ少し足を伸ばして…となると広い関東平野は東京・茨城・埼玉としばらく山なんぞないのです。
山のある所まで行ってたら既に長距離です。治る風邪も治らないぞっと。

いい山ですね!かっこいいなぁってつぶやいてしまいました。しかも日本海があんなによく見えるなんて、これは愛すべき山ですねぇ〜(いいな、いいな)

プカプカ
URL
2006/11/15 01:31
プカプカさま
コメントありがとうございます

風邪より「山登りたい病」の方が重症のようですね 私も似たようなものですが‥ 朝夕の冷え込みも厳しくなってきたので、無理せず早く治しましょうね(風邪のほうですよ) 心配してます

千葉からの山登りって結構大変そうですね でも遠いからこその感慨もあるのではないでしょうか 同じ山頂でもルートを変えると違った表情を見せるように、同じ山でも遠くにあるのと近くにあるのでは違った見方があるのではと思います

狭い市内は刈羽三山(米山、八石、黒姫)に囲まれています 去年は雪の季節に「八石山」(更に自宅に近い里山)にもよく登ったのですが写真が無いので今年はレポをアップしようと思います また覗きに来てくださいね

ご訪問ありがとうございました そちらからは遠いところですが、お近くに来られる機会があればぜひ登ってみてくださいね
あき
2006/11/15 23:46
なんて魅力的なんでしょう〜
とっても素敵なところですね。日本海が見えて、遠くの山並みも。
日本海って、なんでこんなに惹かれるんでしょうか?
新潟いいな、とつぶやいてしまいます・・・
tomomi
URL
2006/11/21 21:56
tomomiさま
コメントありがとうございます

山と海に囲まれた新潟ですが、海沿いの山は少ないですね 米山はその中でもそこそこの標高があり、周りに他の山がないので頂上からの展望はとてもいいです また「眺める山」としてもなかなかですよ 機会があったらぜひ登ってみてください

普段意識はしませんが、日本海は「見えない国境」なんですよ 異国情緒に似た感覚が呼び覚まされるのかもしれませんね
あき
2006/11/22 10:12
 あきさんこんにちは
米山のブログ読ませて頂きました。紅葉有り、雪有り、展望有り素晴らしいですね。私は約4年前に水野林道終点から登りましたが前日、金北山が大荒れでした。そのためか米山からの展望は殆どありませんでしたので、あきさんのブログ見てこんな展望があったんだなー。また、何時か行きたいなーと思いました。下山後の恋人岬から8号線の架橋越しの金北山は素晴らしかったです。ではまた、ちょくちょく寄らせてもらいます。
やまや
2006/11/24 12:38
 あきさん すみません。入力ミスがありました。
恋人岬から8号線の架橋越しの金北山ではないですよね。
米山でした。ごめんなさい。
やまや
2006/11/24 12:44
やまや様 はじめまして
コメントありがとうございます

ブログ&HP拝見しました ベテランさんですね〜 山歩きを始めてまだ1年ちょっとの初心者ブログにお越し頂きありがとうございます 私と同じ年齢の頃に山登りを始められたようでなんだか心強い気がしますね
周囲に高い山がない米山はとても展望がいいんですよ(広域の地図を見ていただくとわかります) 今回は東側の展望がイマイチでしたので写真はありませんが、天気のいい時は中上越の山々の見事な展望を見ることができます 条件がよければ冬のレポもアップしますのでまたご覧になってください 
ご訪問ありがとうございました 
あき
2006/11/24 22:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆晩秋の米山 【2006年11月13日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる