米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★八ッ峰に挑戦‥ 八海山(前編) 【2006年10月13日】

<<   作成日時 : 2006/10/14 01:12   >>

トラックバック 1 / コメント 8

天候はあまり良くなかった







時刻はまだ5時をまわったところ
起きて車の外を見ると雨が降っていた
濃い霧で視界はほとんどない





寝不足のため再びシュラフの中へ
もう一度目を覚ましたが濃い霧に包まれた景色は変わらない
その山は諦めて予定を変更する事にした





移動時間も考慮して八海山に向かった
車で移動している途中で少しずつ青空が見え始めた





八海山ロープウェイ駐車場で準備を整えた
見上げると山腹より上は雲に隠れて様子がわからない
混み合うロープウェイに乗り、山頂駅に向かった





画像


画像


画像






山頂方向は見えないが、天候は回復しそうな雰囲気
すべりやすい登山道だが前回よりはましなコンディション
階段状の登山道を歩き始めた





画像


画像






女人堂が近づくと周囲の風景が鮮やかに変わっていく
歩き始めて1時間ほどで女人堂に到着
紅葉で彩られた山は本当に綺麗だ





画像


画像






薬師岳山腹の紅葉が素晴らしい 
しばらく休憩してから先を行く
祓川を過ぎると道は急登になる





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






九合目となる千本檜小屋に到着
この先は点線ルートになる
しばらく休憩し小屋の主人に八ッ峰の状況を確認した





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






急な鎖場が連続する
 グリップの効く岩で思ったより登りやすいが
下りでは足元がよく見えずに緊張する箇所もある





画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






左手には越後駒ヶ岳から中ノ岳へ続く稜線が寄り添う
連続する鎖場の登下降にも徐々に慣れてきた
景色は爽快そのものだ





足元とその前後以外は全方向に景色が広がり
何処を見ていいかわからないほど
少しずつ楽しむ余裕も出てきた




画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像





トラバース路を進むと突然ルートが真上に向かう
途中までは足場にするためにの梯子がある
鎖につかまり梯子に足を乗せた





画像






大日岳(八ッ峰最高峰)に到着
久しぶりの爽快な充実感





画像


画像


画像






山頂直下を降りるのも大変だ
もちろん途中で写真どころではない
一番の難所はここかもしれない





画像






なんとか無事に降りてホッとした
ここから縦走路を入道岳方面に向かった





後編はコチラ



※八海山の「八ッ峰」は非常に危険なルートです
 ほぼ垂直な鎖場の登下降の連続で一歩間違えたらほぼ助かりません
 行かれる方は充分に注意して自己責任にて楽しみましょう(当然の事ですが)
 天候の悪化(雨、風)が懸念されるときは迂回路を使用しましょう



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
紅葉の八海山を登る【前編】
お酒で有名な八海山。思い出すのは猪八戒… ...続きを見る
山と葉っぱと猫が好き
2007/12/02 00:25

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
早く寝ようと思いチョットブログをチェックすると紅葉の素晴らしい写真を見てしまうとコメントを入れたくなりました。そしてお酒も飲みたくなりました。私も明日は紅葉を見に行ってきます。
えいじ@明日は山歩き
2006/10/14 01:44
えいじ様
コメントありがとうございます

この週末は天候も概ね良好のようで楽しい山歩きとなったのではないかと思います 私は週末が仕事なので皆様がお留守のときはちょっと寂しいですが、秋の素晴らしい山行報告を楽しみにしております
今週は天候が安定しているようなので火曜日(私の定休日)の予定もほぼ決めております 入れ違いになるとは思いますがまた遊びに来てくださいね
あき
2006/10/14 23:27
下から3枚目の写真を見て思わず私も覗き込んでしまいました。(笑い)こんなすごい所、登りはともかく、下りが大変でしょうね。赤い紅葉もいいですが、黄色の黄葉もきれいですね〜後半が楽しみです
つれづれ
2006/10/14 23:32
つれづれ様
コメントありがとうございます

八海山の八ッ峰はかなり前から下調べをしていました 期待通りの秋の景色の中、無事に踏破できてよかったです
ご指摘の通り、登りはなんとかなるのですが下りは怖いです 足場を探して下を見下ろすと見なくていい景色まで目に入るので緊張しました ガスっていたらまた違うのかもしれませんが‥ 花崗岩の岩と鮮やかな紅葉のコントラストは見事で、鎖場の登下降を繰り返しているうちに途中からは結構楽しんで歩く(?)事ができました 高所恐怖症の私としては頑張ったと思います 景色のおかげですね
あき
2006/10/15 00:55
7月の八海山のレポと後編、全部読みました。
ホントに、あんな所をよく下りましたなぁ(汗)
それにしてもあきさんの車の中にはいつでも登山用具が揃っているんでしょうか?なんてねー
今回の登頂も急に変更になってここなんですね。そういう風にまたここ行ってみよう、と予習なく選べる山っていいですね。

オレンジ色に燃えた草紅葉が最高ですね〜。それにしても鎖場の写真がたくさんだぁ。手の力が相当必要になりますねぇ。ひえ〜
鎖場途中での撮影、よくやりますねー。私でもきっと同じことをします(笑)私がやったらちょっと危ないかな。腕力全然ないから落下しちゃうかも。
中ノ岳の写真が最高にきれいです。
後編の青空と山の美しい写真も最高でした。一枚一枚が全てきれいです。気分も最高だったでしょうね!
 あきさんのカメラは一眼ですか?山登りの最中はいつもザックの中ですか?それとも首に下げてますか?
私はいつも首にぶら下げているのですが、最近岩の多い山を登ってばかりいるせいか、時々コツコツやってしまって傷だらけになって来ました。
精密機械なのによくないですよね〜。だから壊れるんだろうか(T_T)
プカプカ
URL
2006/10/17 22:49
プカプカ様
コメントありがとうございます

すべてではないですがある程度の道具は車に揃えてますよ 天候や状況に応じて準備してます 行き先もいくつか候補を挙げておかないと困る時がありますから周辺の山は知っておく必要がありますね
鎖場の途中では写真撮ってないですよ 安全な場所で撮影してます 本当は撮りたかったんですけどね
カメラはキャノンのIXYです ザックのウエストポケットに入れてます 雨が降ると困りますね 私も岩場で結構あたるのでボロボロですよ 液晶も傷んで見にくくなってしまい苦労してます
この日は素晴らしい景色で写真は200枚位撮りました 古いですが「下手な鉄砲‥」って感じです 素材が良いのでオートモードでも結構きれいに撮れますね
ご覧頂きありがとうございました 私もデジタル一眼レフが欲し〜
あき
2006/10/18 00:47
去年もコメントした所にまたお邪魔してしまいました。
過去レポなのにごめんなさい;
実は今年の7月にここに登りに行こう!と前々から計画してたんです。
でも結果…天気に恵まれず、とうとう行けずに8月になりました。
8月、今度こそ!と思ったら、またもや天気予報の変化に場所変更…

その時「そうだあきさんのレポをもう一度読んで参考にしなくちゃ」と思って再びここに来たんですけどね、八ツ峰の辺りを改めて読み直して、すごい鎖場の連続だったんだって思い出しました。

山登りをする女性達が何とか登れる直登の鎖場を全然できなかったような腕力では、ここ危ないですよねやっぱり…
せめて一つだけでも峰に登りたいので何とかして一番高い所だけでも…なんて思ってはいるんですけど、そこがまたすごい断崖絶壁状態のあきさんの写真を見てたら泣きそうになりました。
迂回だけして帰るにはあまりにうちから遠すぎる八海山…
山登りってほんとに体力勝負ですね。トホホ…
プカプカ
2007/08/21 02:08
プカプカさま こんばんは
コメントありがとうございます

確かに腕力も必要ですが、鎖場を通過するにはバランス感覚が重要なんですよ 腕力だけで登ろうとすると負担も大きく、あまり安全ではありません 両手と両足を上手に使えば、普通の体力の方なら登れる場所だと思いますが‥ 乾徳山には登ったことがないので比べられないのですが、ある程度は岩場に慣れてないと厳しいかもしれません

八ッ峰を迂回しても充分楽しめる山だと思いますよ ただ迂回路も結構厳しいので、充分注意して通過してください 天候が悪い時は見合わせる余裕を持ってくださいね

ここからの越後駒ヶ岳、中ノ岳はなかなか見ごたえがありますよ いつか予定される時はぜひご連絡ください

ご訪問頂きありがとうございました
あき
2007/08/21 22:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★八ッ峰に挑戦‥ 八海山(前編) 【2006年10月13日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる