米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★紅葉とオベリスク‥ 鳳凰山 【2006年10月3日】

<<   作成日時 : 2006/10/04 11:56   >>

トラックバック 2 / コメント 26

初の南アルプス遠征‥鳳凰三山縦走へ



R20を右折 荒れた林道を青木鉱泉へ向かう
深夜1時に駐車場到着(車中泊)



■6:00

外はどんよりとした空模様‥
予報では回復する見込みだが稜線上はどうだろう

青木鉱泉本館の庭を通りドンドコ沢コースへ

画像


すぐに分岐があり沢沿いコースへ行く

画像


画像


ルートからは少し外れるが途中いくつかの滝がある
せっかくなので立ち寄りながら登っていくことにした


■7:30

南精進滝

画像


画像



■8:00

鳳凰の滝

画像


画像



■9:00

白糸の滝

画像


画像



■9:40

五色の滝

一番落差があり見所の滝だが‥
しばらく待ってもガスが晴れず残念

画像


画像



道はほとんどが樹林帯でかなりの急登
滝以外には展望がなく濡れていて滑りやすい

滝を見るたびにルートを外れるので思ったより時間がかかった

ドンドコ沢源流付近の川原まで来るとやっと視界が開けてくる
ガスの晴れ間も覗き、色づき始めた山の斜面も見えてきた


画像


画像


画像



■10:30

他に登山者がいない静かな鳳凰小屋
沢の音を聞きながらしばらく休憩

画像



小屋から先もしばらくは樹林帯の急登
30分ほどでやっと視界が開ける

画像


画像


画像


右手にオベリスク、左手に観音岳方面への稜線
気持ちの良い景色だが
砂浜のようなザレ場に足をとられてなかなか登れない

画像


画像


画像


画像


青空もわずかに覗くのだがガスが多く少々残念
だが見たかった秋のオベリスクに満足した
遠かったけれど来てよかった

画像


画像


画像



■11:30

地蔵岳
 
写真では何度も見ているオベリスクだが
実際に目の当たりにするととても大きい
ザックをデポしてよじ登ってみた

画像


画像


画像


途中で見える雲海に浮かぶ甲斐駒のピーク
ガスが晴れるのを待ったがこれ以上は見えなかった

画像


画像


ガスの切れ間に北岳〜間ノ岳の稜線
手前は赤抜沢の頭

画像


オベリスク頂上への最後のロープ‥ほぼ垂直に垂れている
登れそうだが降りる自信がないのでやめた
もう少し手がかりが欲しいな

画像



■12:00

賽の河原には子授け地蔵がならぶ
地蔵岳周辺はお地蔵さんでいっぱいだ

画像


画像


画像


ガスが出てきたので稜線を南へ
この辺りはルートがわかりにくい

画像


画像


画像


途中食事休憩しながらガスが晴れるのを待つ
稜線上から南アの展望を期待していたのが西側は真っ白‥

画像


画像


画像


稜線は意外とアップダウンがある
観音岳への最低鞍部からの登り返しはキツかった

真っ白な花崗岩のザレ場が続き心地よい

画像


画像


画像


画像


観音岳への最後の登り

画像



■13:40

観音岳(2840b)は鳳凰三山最高峰

画像


そのまま稜線を薬師岳方面へ
天候が良ければ稜線の先に富士山が見えるはずだが

画像


画像



■14:10

薬師岳

画像


画像


中道ルートへの分岐だが南アの眺望に未練が残る
少し先の薬師岳小屋へ向かい休憩した

画像


画像


ここまでに出会った登山者は2組だけ‥
平日とはいえあまりの少なさにちょっとびっくり

画像



■14:30

更にガスが濃くなる‥待っても展望は期待できそうにない
時間も無いので薬師岳小屋を後にした

いったん薬師岳に登り返して中道ルートへ向かう

画像


画像


展望の無い樹林帯の急坂を駆け下りる

画像



■15:00

御座石

画像


この先も薄暗い樹林帯が続く
湿った道で滑りやすいので気をつけないと‥


■16:30

小屋から2時間で林道に到着

展望も花も紅葉も無いのでかなりの高速下山
この先も30分ほどの林道歩きとなる


■17:00

青木鉱泉に到着 せっかくなのでここで入浴休憩
お風呂は狭いが他に誰もいないのでゆっくりできた

宿の方はとても親切で好感が持てるが‥
入浴1000円は少々高いな


■18:00 

新しく出来たという舗装道路を教えてもらい帰路へ
ナビには表示されない道だったが快適に走ることが出来た



さて来週は‥迷うなぁ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鳳凰山
■鳳凰山(ほうおうさん) 《所在地》山梨県 《標高》2840m(観音岳) 《日程》2006年10月8日(日) 《天候》晴れ 《コース》青木鉱泉(5:55)−ドンドコ沢−鳳凰小屋−地蔵岳山頂−観音岳山頂−薬師岳山頂−中道−青木鉱泉(16:00) 《TOTAL》10:05(休憩含む) ...続きを見る
♪M&Mの百名山登山日記♪
2006/10/11 18:44
オベリスク
おはようございます。天気よく展望良好です\^o^/。紅葉はどうにか間に合いました。昨日のドンドコ沢の滝はガスガスで残念でしたが(>_ ...続きを見る
気楽に山歩き
2006/10/17 18:44

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
今週は鳳凰山に登られたんですね。
写真をみると滝や岩で大自然という感じを受けます。
赤と緑と黄色がだいぶハッキリして、秋深しっていう感じですね。
南アまでの往復だけでもお疲れだったのではないですか?
dalfour
URL
2006/10/04 15:18
もうこんなに色づいているのですね!
今週末あたり最盛期になりそうですね。
ここにはおととしの9月中旬ごろに行った事があります。
そのころもほんのり色づいてました。
オベリスクと紅葉って絵になりますよね。
私の住んでいる場所からはわりとお手軽なので、季節を変えて何度も行きたい山の一つです。
こんな紅葉最盛期にもまた行きたくなっちゃいました♪
白音
2006/10/04 20:34
dalfour様
コメントありがとうございます

ここは全体的にあまり人の手が入っていない印象でした 南アには元々そんな先入観もあったのでそう見えたのかもしれませんが‥ 人も少なくとても山深い感じがしました 
南はやっぱり遠いですね‥ 今回はR18〜R152〜R20と一般道をつなぎ約5時間のドライブでした 日帰りではこのくらいが限度かなと思います
秋の山はいいですねぇ 曇り空で写真ではイマイチですが実際は鮮やかでしたよ 
ご覧頂きありがとうございました
あき
2006/10/04 22:12
白音さま
コメントありがとうございます

ここは去年山登りを始めた頃から行きたいと思っていましたが、今回やっと登ることができました レポは何度か拝見し参考にさせて頂きました ありがとうございました
オベリスクと紅葉‥狙い通りの風景とてもよかったです 山全体の雰囲気もとても気に入りました 私もまた行きたいです 次の狙いはタカネビランジですね(笑
ご訪問ありがとうございました
あき
2006/10/04 22:30
南も行っちゃったんですか!今週はあの山かなと 想像していたんですが・・・まさか南とは思ってもみませんでした。
綺麗に色づいた紅葉、写真で見ているだけでもうっとりしてきます。シャッターを押す手もはずんだことでしょう。
私も連休は紅葉見に行くことにします!(私は当分 北でガマンですが・・)
みっちゃん
2006/10/04 23:02
紅葉はじまっていますね〜
どこに行こうかいまだに悩んでしまっています。
って遅いですね(^_^;)

中道コースの下山は急ですものね。
湿った道の中お疲れ様です。
平日の静かな山歩きも素敵だなぁとあこがれます♪
tomomi
2006/10/04 23:22
こんばんは。
紅葉が進んでいますね〜。黄葉とオベリスクも綺麗だなぁ。あきさん、羨ましいです!

私はまだ鳳凰行っていないんです。一昨年からいつも候補にあがるんですが、行けずにいます。
アクセスしやすいエリアなんですけどね。やっぱり行きたいです。
まるち
2006/10/04 23:47
みっちゃん様
コメントありがとうございます

行き先はいつもギリギリまで悩みますねぇ‥ 今回は天気予報で南のほうが良さそうだったのと、今週末から毎日路線バスが運行するとの事で平日も混むことが予想されたのでココにしました 
写真を見ると青い色が足りないんですよ〜 ちょっと残念でした 連休の予報はまずまずのようで期待できますね
ご訪問ありがとうございました 週末はいい景色に会えるといいですね
あき
2006/10/05 00:04
あきさん、平日の山行き、静かそうで良いですね。毎回日帰りで頑張っていますね。秋の紅葉素晴らしいですね。
えいじ
2006/10/05 00:11
tomomiさま
コメントありがとうございます

遅くないですよ〜 私はマイカー登山なので車に乗ってから決めることもあります(歩きながら決めた事も‥笑) やっぱり晴天の下を歩きたいので直前の天気予報に左右される事が多いです
平日は確かに静かですが‥不安もあります 少しは人がいてくれた方が落ち着きますね 無いものねだりになりますが‥
いよいよ紅葉の最盛期ですね ご訪問ありがとうございました
あき
2006/10/05 00:22
まるち様
コメントありがとうございます

青空と池塘と草紅葉も羨ましいです(笑
アクセスしやすいエリアって意外と機会がなかったりしますね 私もいつも候補に挙がりながら未踏の山が近場にたくさんあります まさに灯台下暗し‥ これからじっくりと歩きたいと思ってます
鳳凰山はオベリスクがメインで紹介される事が多いのですが他の花崗岩の景色もなかなかでしたよ 稜線の白い道は青空の下で歩けるといいですね 
ご訪問ありがとうございました 私も草紅葉見に行かなくては‥
あき
2006/10/05 00:47
えいじ様
コメントありがとうございます

出来ることなら山中泊りでゆっくりと歩きたいと思うのですが‥なかなか難しいです このペースに慣れてしまったので事情が許しても日帰りしそうですね(笑
秋の紅葉はこれからが本番ですね 週末は天候もまずまずのようで、どこの山も混みあう事でしょう 山の賑わいもまたいいものだと思います 人の雰囲気で山のイメージも大きく変わるように思います
ご訪問ありがとうございました 
あき
2006/10/05 01:00
あきさん、おはようございます。
次は何処へ登られるんだろう・・?と、いつもレポを楽しみに拝見させてもらっています。
あのオペリスクはロープ、ついていますがなかなか登れませんよね・・。私が行ったときはどこかのツアーのガイドさんが、ひょいひょいと登っていました(^^;
平日だとやはり人が少ないのですね。静か〜な山の雰囲気が伝わってきます。紅葉も良い感じ。
地蔵岳のお地蔵さんは以前テレビか何かで子宝に恵まれない方のためだとかで、背負って歩いて持って帰り、授かったらそのお礼に。と、新しいお地蔵さんを持ってきうる、というドキュメントをやっていました。
良い山ですね。
それから、以前お聞きした蓮華温泉の入り方♪丁寧に教えていただき、ありがとうございました。チャレンジしてみます☆
rommy
URL
2006/10/05 07:24
鳳凰三山に登って来たんですね、いいなぁ〜
南アルプスは結構千葉からも行き易いのでドライブで行ったことはあるんですが、あの辺は高原地帯まで車で行ける所がないから、目の前の小さくても大きな山がすごい迫力でドーンといるから鳳凰山とか全然見えないんですよね…眺める山じゃなく登る山なんだなって思いました。
山頂付近の紅葉、きれいですね、ちょうど見頃って感じですね。
足元のザレ場はなんだかすごそう…写真を見た感じでも滑りやすいだろうなって思いました。
オベリスクの写真、ここで初めて見ました。こんなにかっこいいんだ!好みだな〜登りたくなっちゃうなぁ〜
でも、無理だろうなぁ〜〜(T_T)
山頂付近はやっぱり雲がきれててきれいですね…。
あきさんがここで丁寧に写真を見せてくれるもんだから、また「登りたい山」が増えちゃったじゃないですか!
あっ、それと滝、きれいですね〜。シャッタースピード遅く撮ってますよね?三脚なしですか?水の流れが滑らかで美しいです。
プカプカ
URL
2006/10/05 13:49
あきさん、こんにちはヽ(*^∇^*)ノ
おとといは鳳凰山でしたか!!
私もオベリスクは他の方のブログ等で写真だけは何度も見ているのですが、実際にみると更にかっこいいんでしょうね〜(´▽`*)
紅葉もとっても色鮮やかだし、ますます行ってみたくなりました♪
あきさんは最近10時間強の山行でも、余裕な感じですね!
私もあきさんを見習って、長時間の山行に耐えれる健脚になりたいものでずo(*・`д・)o゙
moe
URL
2006/10/05 15:01
紅葉見事ですね。
ここも行きたくなってしまいますが拝見して楽しませていただきました(笑)
ここも日帰りでしたか、それにしてもペースが速いですね。私なら一泊コースです(^-^)
sanae
URL
2006/10/05 15:20
rommyさま
コメントありがとうございます

オベリスクは途中まで普通に登れたのですがあの垂直なロープに手をかけたところで躊躇しました 登るだけなら行けると思いましたが、レポにもあるように手がかりが少なく、私では降りられなくなる可能性を感じたので今回は勇気ある撤退としました 無理をして人に迷惑はかけられませんよね‥
ここはもっと混雑しているイメージだったのですが拍子抜けするくらい静かでした 稜線上でも風がほとんど無く聞こえる音は自分の足音だけ‥ 花崗岩の真っ白な風景も相まって不思議な感覚でした こういうところ好きですね
お地蔵さんのお話参考になりました でもあれを背負って歩くなんて大変ですね〜 私には厳しそうです
ご訪問ありがとうございました 蓮華温泉楽しみですね
あき
2006/10/05 21:52
プカプカさま
コメントありがとうございます

紅葉の時期はなかなか読めないのですが‥まぁまぁ狙い通りでしたね まさかこんなに早く行けるとは思いませんでしたが‥ 期待通りの素敵な山でした 私も登りたい山がいっぱいあって困ります(笑
写真はまったくの素人ですが‥さすがにいいところに目を付けますねぇ もらい物の安物コンデジですがあるもので出来るだけ工夫しようと思ってます 私は三脚は使っていません(軽量化の為) 滝の撮影は手持ちのコンデジではシャッタースピードの細かい設定が出来ず三脚なしでは難しそうでしたが、ISO感度を下げる事でわずかにシャッタースピードを長めにし手持ちのストックの上に固定し撮影しました(三脚ならぬ一脚ですね) 写真はあまり詳しくないのでそのうち研究しようかな‥
ご訪問ありがとうございました 
あき
2006/10/05 22:30
moeさま
コメントありがとうございます

鳳凰山のオベリスク‥私も事前に何度も見ていたので実際に見たらそのまんまでした(笑 近くで見ると予想以上に大きかったです 近づいてくると結構感動しますよ〜
長い山行は楽しいです 標高差1700bの日帰りはやっぱりキツいですが‥ 楽しむことが何よりですね 
ご訪問ありがとうございました 私も「蟻の戸渡り」を歩いて行けるくらいの度胸が欲しいです
あき
2006/10/05 22:46
sanaeさま
コメントありがとうございます

実を言うと‥あちこちで八ヶ岳(赤岳)レポがアップされていたのを見ていたので行き先は最後まで悩みましたが 紅葉とオベリスクは去年からの念願でしたので今回はこちらにしました
軟弱な体も春からの山行でそれなりに鍛えられた気がします 米山、粟ヶ岳など厳しい急登ですが地元の皆様はメチャクチャ早いですよ〜 新潟の先輩山ヤさんは湿った雪で鍛えられてる気がします せっかちな県民性もあるのかな‥ でもゆっくりと山を楽しむなら一泊はしたいところですね
ご訪問ありがとうございました 私も赤岳行きたいです
あき
2006/10/05 23:18
こんばんは。南にいらしてたんですね。
紅葉きれいでしたね。
私は きたから順に南下してこうと思ってましたが今年は、あわただしくて月曜の火打しか紅葉は楽しめそうにありません。 甲斐駒にいこうともおもってたんですが。11月は無理そうですしね。
R153のNJ
URL
2006/10/07 00:22
NJさま
コメントありがとうございます

なかなかの景観楽しんで来ました 南は北とはずいぶん違いますね(まだひとつしか行ってませんが‥) 山深い感じが気に入りました
火打いいですねぇ〜 高谷池周辺は今週末が見頃との事です お天気もよさそうですね ぜひ楽しんできてください 私も甲斐駒行きたいです
ご訪問ありがとうございました 仕事もお互い頑張りましょう
あき
2006/10/07 01:52
はじめまして!
実は時々以前から拝見させてもらっていました。

ところで近々、鳳凰山に登ろうかと考えています。
鳳凰小屋にてテント泊をしようと思っているですがテント場のスペースとかについて場所とか何か記憶がありますか?もし、ありましたら何でも良いので教えて下さい。風とかしのぎやすいところが幕営場所なんですかね〜??
すえ
URL
2006/10/21 18:42
すえ様
はじめまして コメントありがとうございます

鳳凰小屋休憩の時(登山道から見て)小屋の反対側にテン場の一部が見えましたが、私は見てないんですよ いつもコメント頂くsanae様が最近テント泊でここへ行ってますのでそちらのHP(テン場の様子が紹介されています)でご確認されるといいですよ(ブログリンクあります→「気楽に山登り」) 立地から考えても稜線上ではないし木立の中なので風の影響は少ないように思います
ブログ拝見しました とても丁寧な紹介でさすがですね 私も見習わないと‥(おそらく山ブロガーの中で私が一番説明不足ですね‥笑)
ご訪問ありがとうございました また遊びに来てくださいね
あき
2006/10/21 21:11
sanae様のプログに早速行ってきました。情報を頂き本当にありがとうございました。やはり、持つべきものはブログ友達ですね。やはり、そこらへんの雑誌とは次元が違います。sanae様のプログは、本当に丁寧なプログですよね。自分も見習わないとダメです。テント場についても良く分かりました。また遊びに来ます。
すえ
URL
2006/10/23 23:31
すえ様
コメントありがとうございます
これからもよろしくお願いいたします
あき
2006/10/24 21:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★紅葉とオベリスク‥ 鳳凰山 【2006年10月3日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる