米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★西黒尾根を登る‥ 谷川岳 【2006年7月25日】

<<   作成日時 : 2006/07/25 21:34   >>

トラックバック 0 / コメント 8

ウェザーニュースの雲の動きを見る‥





県境付近は回復しそうな雰囲気
天候回復を期待して大雨の中自宅を出発
今年初めての谷川岳へ向かった





■7:30 谷川岳ロープウェイ駐車場

まだ空は薄暗く雨模様
このまま登るか撤退か‥
迷いながら準備をしているうちにロープウェイの始発時刻が迫ってくる



画像




■8:00 出発

ロープウェイの始発と同時刻に歩き出した
以前から歩いてみたかった西黒尾根を経由し山頂へ向かうコース
駐車場から10分ほど林道を歩くと左手に登山道入口がある



画像




いきなり急登の連続‥どこまでも続くかと思うくらい長い
樹林帯なので展望はほとんど無い道をひたすら登り続ける



画像


画像




■9:30 

登りはじめて一時間半‥やっと視界が広がる



画像




ガスの中にロープウェイの天神平駅が浮かんでいる
すでに目線より低い
ロープウェイ片道分(1200円)を自分の足で登ったささやかな満足感



画像


画像




ここからは岩場の稜線歩き
雨で濡れているので慎重に慎重に‥



天候のせいか前にも後ろにも人の気配がない
ガスで視界が悪い上に風も強くなってくる



ちょっとビビり気味の私の前に垂直に近い鎖場‥
登ってみるとたいした事はなかったが降りるのは辛そうだ



画像


画像


画像


画像


画像




短い鎖場が次々に現れる
こんなにあるとは知らなかった



画像


画像




■10:00 ラクダの背

風と雨が更に強くなってくる



画像


画像


画像


画像




風雨を避けるため岩の間で休憩
晴れていたらきっと爽快なルートなんだろう



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




■11:30 肩の広場

ガスっていて方角が判りにくかったが去年も見た標識を見つけてホッとした



画像


画像




■11:40 山頂(トマの耳)

画像




山頂へ向かう途中、今日初めて出会うパーティとすれ違った
ロープウェイ組が到着し始めた様子



風雨とガスの中、ここまで人の姿も見ていなかったので少し安心する
寒いのでオキの耳は行かずに肩の小屋へ向かった
(「トマ」は「手前」、「オキ」は「奥」が訛ったものらしい)



画像




きれいな小屋でゆっくりと食事休憩
悪天候の時は小屋の存在がありがたい



画像




誰もいない静かな食事だったが‥
団体様の到着で一気に賑やかになった



いつもは煩いオネーサン達の華やかな話し声
悪天候の山中では少し嬉しかった



■12:30 下山開始

天候があまりよくないので天神尾根から下山
見覚えのある道を懐かしく感じた



画像


画像




一度歩いた道を通るのは安心
次第にガスが晴れてきて遠くの町並みが見えてくる



画像


画像




高度を下げるごとに少しずつ晴れ間が覗いてくる
雪渓にかかる虹がきれいだ



画像




■13:30 熊穴沢非難小屋

この先は傾斜もほとんどなく緩やかなトラバース
時間もあるのでのんびりと歩く



画像


画像


画像




■14:00 天神平駅到着

画像




ここからはロープウェイでの下山
青空が広がり眼前に聳える白毛門に目を奪われる



画像


画像


画像




■14:30 駐車場到着

気持ちのよい青空になっていた
天気のいい日に再訪したい











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あきさん、お疲れ様です!!
やはり今日も山へ行かれてたのですね♪
谷川岳は私達も昨年9月に登りました。
私達は巌剛新道からの往復でしたが、やはり急登の連続だったような記憶があります。
この時期は花がたくさん咲いていて、綺麗ですね♪
雨に濡れた花もやはりあきさんが撮ると、艶っぽくって素敵に見えますね!!
moe
URL
2006/07/25 22:02
コメントありがとうございます
岩場に咲く花はきれいに見えますね 歩くのがあまり上手でない私にはずいぶん厳しい岩場でしたが‥ 
ストックなしの急登は辛かったです もっと鍛えないといけませんね 
あき
2006/07/25 22:41
トマの耳は2回、オキの耳は1回行きました。いずれも登りはロープウェイです。
谷川岳馬蹄型縦走を果たしたいと思いながら、中々、日にち、天候等の都合で出来ないで、イライラしています。
それを果たしましたら、是非一度、登りを西黒尾根で挑戦してみたいと思っています。
これからは、天神平にはコスモスが満開になるのでは?
noritan
URL
2006/09/16 02:53
noritanさま
コメントありがとうございます

西黒尾根はなかなか楽しいルートでしたよ 日程が許せば紅葉の時期にまた行きたいと思っています 
天気予報があまりアテにならない季節になり私も日程には苦労してます 馬蹄型縦走、早く実現するといいですね ご訪問ありがとうございました
あき
2006/09/16 21:59
谷川岳、今年の秋の紅葉を見に行こうと思ってるんです…けど…
あきさんがコースの内容を丁寧に写真で残してくれて本当によかった!!
だって、こんなに鎖場がある山だなんて今まで知らなかったんですよぉ〜(T_T)
垂直に近いと読んで、今行くのを止めようかと思い直しかけました。どうしよう…きっと私には無理だなぁ…(腕力・脚力ないので)
でも、そうですよね、「ロッククライマーの聖地」と呼ばれる山ですもんね。実際にクライミングをする場所はここじゃなくても、山の“素材”が岩なんですよね。「オバサマ方」もあの鎖場を登って来たんですか。すごい…見習って私もそんなオバサマになろう…。
ていうか あれ?あきさん登りはロープウェイ使ってないんですか!?ということは…あれ?
あの〜、質問です〜!
鎖場は、ロープウェイの天神平駅より上ですか?下ですか??
私は当然ロープウェイに乗って行くつもりなんですけど、そんなに鎖を使わなくても行けそうでしょうか〜??

プカプカ
URL
2006/09/27 00:18
プカプカ様 こんばんは
コメントありがとうございます

谷川岳の地図を見ると一目瞭然ですよ このレポは西黒尾根を登り天神尾根を下山する周回ルートです 一般的な登山ではロープウェイを使った天神尾根のピストンが普通ですからそのルートでは鎖場はありません とても整備された道です でも熊穴沢非難小屋から先の登りは結構急登でロープ張ってあったりします 
谷川岳は天候の良くない山ですよ 秋はかなりの冷え込みも考えられます(昨年の山行で肩の小屋前は5℃でした) 時期によっては防寒着などもしっかりとした準備が必要と思われます 天神平駅を出てから登山道がわかりにくいので迷わないように気をつけてください
いい山行になるといいですね 
あき
2006/09/27 00:58
一目瞭然でした(汗)
西黒尾根と天神尾根は全く別のコースだったんですね、私が歩こうと思ってたのは当然天神尾根のピストンです。
鎖場もないようで安心しました〜。
10月頭でも念のためフリースとか持って行った方が良さそうですか?
ウィンドブレーカーだけじゃ寒いのかな…
プカプカ
URL
2006/09/27 21:58
プカプカ様
いつもコメントありがとうございます

10月上旬ならフリースは必要です もちろん天候にもよりますが‥ 雪が降ってもおかしくない時期なので麓が暖かくても気を抜かずに準備してください 秋にこのあたりの稜線で風が吹けば体感温度は真冬並みになります 備えあれば憂いなし‥です 晴れたら担ぎ上げた衣類はウエイトトレーニングと割り切りましょう いい景色に会えるといいですね 私もそのうちリベンジしなくては‥
あき
2006/09/28 00:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★西黒尾根を登る‥ 谷川岳 【2006年7月25日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる