米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 初めての後立山連峰   唐松岳 【2006年6月13日】

<<   作成日時 : 2006/06/13 23:44   >>

トラックバック 0 / コメント 10

自宅から日帰りが可能な山







北アルプス入門の山と言われる唐松岳へ向かった
白馬に到着したのは7時頃
早速黒菱展望道路はまだ通行止めだった
「ゴンドラアダム」の駐車場で8時の始発を待った





画像






予想外だったゴンドラリフトの出費
手荷物料金まで入れると結構高い (計ったら12キロだった)
下山がリフトの時間に縛られるのは残念だが仕方ない





画像


画像






久しぶりにゴンドラリフトに乗ると不思議な気分
ほとんど歩いていないのに標高1800b
八方池山荘に到着すると青空が僅かに見えた





画像


画像


画像


画像


画像


画像






歩き始めるとガスったり晴れたりと落ち着かない空模様
時々右手に白馬鑓ヶ岳が見える
一時間ほどで八方池に到着した





画像


画像


画像






よく整備された快適な道を登っていく
ダケカンバの林を抜けると丸山が見えてくる
まだかなり残雪がある





画像


画像






斜度がきつい雪渓を登っていく
トレースもなくアイゼンの着用を迷ったが、キックステップで登ることができた





画像






ふいに左手に五竜岳が姿を現した
だがこの後一度も見ることができなかった





画像






丸山を過ぎると残雪が多くなる
ガレ場ザレ場崩落ありと意外と気を使う道





右手に不帰ノ嶮の稜線が近づいてくる
間近で見るとなかなかの迫力
いつかは歩いてみたいがもう少し先かな





画像






先週に続きまた雷鳥の鳴き声を聞いた





画像


画像


画像






稜線に出ると正面に立山連峰が見えるはず
だがこの日は雲が多く展望はイマイチ





画像






唐松山荘はずいぶん立派な建物
唐松岳の山頂までは僅かな距離





画像


画像






ほぼコースタイムどおりに山頂へ到着
見えそうで見えない立山連峰を眺めながら食事
一瞬雲の切れ間に剣岳らしきピークが見えた





画像


画像


画像






五竜岳方面への縦走路もいつか歩いてみたい道





画像






13時に下山開始
平日のせいかあまり人に会わない
快調に降りるが斜度のある雪渓で少しビビった





画像


画像






八方池まで降りるとガスがひいてきた
時間には余裕がある
コーヒーを淹れながらのんびり休憩





画像


画像


画像


画像






八方池山荘からはゴンドラでラクラク下山
下山後は「第一郷の湯」へ
他に誰もいない湯でのんびり









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
私は、五竜へ行く時にゴンドラに乗っていきましたが、唐松岳へは行っていないのでいつか行きたいと思っているのです。
私は楽してゴンドラで上がるのは好きです(スイマセン)
でもまだまだ雪があるのですね〜〜
noritan
2006/06/14 02:16
コメントありがとうございます
五竜も鹿島槍もいずれ‥日帰りはキツそうですね 下界が暑くなってきたので雪渓の涼風が心地よかったです そろそろ梅雨入りも近くこれから雪も融けていくのでしょう 嬉しいような寂しいような‥ 

あき
2006/06/14 22:04
こんにちは、はじめまして。
北アルプス、いいですよね〜。私もこの前の日曜、焼岳に行ってきました。初めての雪渓歩き(下り)、アイゼンなしで、チョービビリまくり!怖い思いもしましたが、また新しい山の魅力も発見できました。
8月に白馬三山縦走する予定ですが、やはり軽アイゼンは必要なのでしょうか。(初心者でスイマセン)
みっちゃん
2006/06/15 21:47
コメントありがとうございます
白馬三山は私もぜひ行きたいと思ってます 私も初心者なので車の中にはいつも全装備が入ってまして山の様子や周りの登山者の様子など見ながら携行品を決めてます(主体性がないな〜) 今年の残雪の多さから考えると軽アイゼンは必需品でしょうね 私も装備はいつも悩みます‥ 
8月が楽しみですね 私のほうが先に行けたらぜひ覗きにきてください
あき
2006/06/15 22:55
一昨年9月に↓黒菱平から八方尾根を登り、唐松と五竜を訪ねました。
黒菱平から見た星の綺麗さが、今も目に焼きついています。
http://yamayama.at.webry.info/200409/article_6.html
山いろいろ
2006/06/16 15:46
コメントありがとうございます
ブログ拝見させていただきました 今年は天気に恵まれる山行が多く今回もわずかな時間ながら今後の目標となる山々を拝むことができました 白馬岳からの縦走は私もいつか実現したいです 体力をつけ経験を積んでからゆっくりと計画したいですね 私のブログにたびたびご訪問頂きありがとうございます また覗きにいらしてください
あき
2006/06/16 21:50
こんばんは。またまた見せていただき、思わず書き込みを始めてしまいました。
今回もまた雷鳥に出会えるなんて、そんなにたくさん雷鳥って居るのでしょうか。撮ってくださいとばかりにポーズをつけたような写真、羨ましい。白馬は一昨年の夏雪渓から登り栂池まで縦走しました。とてもしんどい思いをしましたが、それ以上に花がきれいで、感激した山行でした。是非、いつかお出かけください。私はもう体力不足で無理なので、ブログにアップされる日を楽しみにしています。(^_^;)
つれづれ
2006/06/17 01:19
コメントありがとうございます
平日で人があまりいないせいでしょうか‥ 先週の燕岳では4〜5羽、今回も同じくらいの雷鳥を目撃いたしました 人を怖がらないというのは本当ですね 近づいてもあまり反応がないのですがカメラのズームレンズの作動音で逃げたりします 
白馬は近々予定してます また天候に恵まれるとよいのですが‥ ぜひまた覗いてください
あき
2006/06/17 22:01
唐松岳にも登ったんですね。あきさんからすると八方アルペンラインはちょっと楽し過ぎって感じなんでしょうか。(^_^;)
私も去年、八方尾根自然研究路をトレッキングしました。まだ登山を始める前です。↓記事のURLです。
http://blog.goo.ne.jp/puka-puka/e/c16a4973689d7d2ccbd17e8080f63eeb
当然八方池で引き返して来ました(笑)
唐松岳に登る方々は残雪の中を歩くことが多いんですね。そういう写真をよく見かけます。
私としては「一体なぜ…?」という心境なんですが。
北アルプスは残雪があるからこそその醍醐味も味わえる山なんでしょうか、はてさて。
プカプカ
2006/09/28 23:02
プカプカ様
コメントありがとうございます

拝見しました プカプカ様のレポはいつも晴天ですねぇ‥ 次に山に行くときは日を教えてくださいね 私はその日を休日にします(笑

残雪についてですが‥ 去年までは私も同じように考えてましたよ でも一度アイゼンを付けて雪渓を登ると気持ちよくて癖になります 言葉では難しいですが残雪や雪渓のない山って何か物足りない感じがしますね‥ 機会があればこの季節の山に登るとわかるのではないかと思います 経験のある同行者がいるといいですね 残雪期は少々危険もありますので‥
あき
2006/09/28 23:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ 初めての後立山連峰   唐松岳 【2006年6月13日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる