米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 初の小屋泊   蝶ヶ岳 【2006年5月1日〜2日】

<<   作成日時 : 2006/05/02 22:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

GWの予定は山小屋一泊を考えていた





当初は西穂山荘を予定していたのだが
その日は岐阜側の天候がどうも怪しい
思案の末、予定を変更し蝶ヶ岳へ登る事にした





上高地へのアクセスは思ったほど混雑はなく
ほぼ予定通り8時頃バスターミナルに到着
左岸の林道を歩いて徳沢へ向かった





画像






明神岳が眼前に聳える様子は圧巻





画像


画像


画像


画像






明神館前で小休憩
次第に観光客が少なくなっていく





画像


画像


画像


画像


画像






上高地から約2時間で徳沢に到着
小休憩の後、長塀尾根に取り付いた





画像






樹林帯の尾根道はすぐに雪道になった
ところどころ凍結していて斜度もありピッケルが必要な箇所もある
雪に足をとられてなかなかペースが上がらない





偽ピークの連続で長く感じるルート
次第に時間が気になってくるが思うようには進めない





画像


画像






少し視界が開けた場所から上高地を振り返った
樹林帯の中ではあまり進んでいる感じがしなかったが
結構遠くまで歩いてきた事を実感できた





画像


画像






少しずつ景色が広がり気が楽になる
山頂付近が見えてくると元気が出た





画像






前方にヒュッテが見えてくる
しかし稜線に出るとひどい強風で足が前に出ない





風にあおられてころんでしまった
起き上がることができないほどの強風
ころんでいた方が風を避けられる事を知った





画像






風が少し弱まる隙を狙って前進
ヒュッテの奥には常念岳の姿





画像


画像


画像






肝心の穂高連峰は雲の中
山頂標柱の写真だけ撮りヒュッテに転がり込んだ





画像






ヒュッテの食事は初めてだったがとても美味しかった



テレビでは針ノ木岳の雪崩事故のニュースが流れていた
ちょっと怖くなったので横尾に下る予定を変更して
登ってきた長塀尾根を戻る事にした



横になったらいつの間にか眠ってしまった





翌朝の天候もあまり変わらず‥
早々に長塀尾根を下っていった



画像






途中までは緩やかな雪の斜面を軽快に降りていく
徳沢に近づく付近の樹林帯は所々斜面が凍っていて怖かった





徳沢から先は平坦な道
しかし平らな道は意外と疲れる





車に乗り込み久しぶりの白骨温泉に立ち寄った
いつか天気がいい日に縦走で再訪したい







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ 初の小屋泊   蝶ヶ岳 【2006年5月1日〜2日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる