米山の麓より

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 強風で敗退   立山 【2006年4月17日】

<<   作成日時 : 2006/04/17 22:24   >>

トラックバック 0 / コメント 2

アルペンルート全線開通の日







ちょうど休日が重なった
積雪状況は気になるが、好天の予報に室堂をめざした
ケーブルカーとバスを乗り継いで標高2450メートルへ





車窓から見上げる「雪の大谷」は最大19メートルとの事
室堂でバスを降りるとほとんどが観光客で山スキーが3割ほど
ターミナルを出て見渡しても登山者は2〜3人しかいない





皆アイゼンをつけているがちょっと歩きにくそうだ
私はワカンをはいて一ノ越へ向けて歩き出した
トレースは少ないが遠くには先行者が何名か見える





ワカンを履いていてもかなりもぐるところがあり思うように歩けない
天気がよく気持ちがいい
一ノ越が近づくにつれて次第に風が強くなっていく





山荘の前は強風で立っていられないほど
強い風に煽られそうになりながら残雪豊富な山々の風景を眺めた
真っ白な稜線が重なっているけどどれがどれだか‥





画像


画像


画像






雄山に向かうつもりだったがあまりの強風に断念
後から到着した人たちもここから降りる様子
ほとんどはスキーヤーやボーダーで、皆とても気持ちよさそうだ





画像


画像






稜線から少し降りると風も弱まり陽射しが暑く感じられる
どこまでも続く真っ白な景色の中をゆっくりと歩いていく
ケーキの上を歩くアリの気分





画像


画像


画像


画像






すぐに室堂山荘が見えてくる
正面には真っ白な奥大日岳
見るものすべてが下界とは違う





画像


画像






ターミナルに戻ると付近は観光客でいっぱいだった
時間に余裕があるのでみくりが池温泉まで歩き入浴
ワカン歩きで疲れた体にじんわりと効いた





宿題になってしまった立山
次回はぜひ縦走で歩きたい












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ワカンは履いたことないですが、登ったことのある山は懐かしくて、またまた思わず書き込みはじめました。(笑い)
立山は私たちが山歩きを始めたきっかけの山です。もう5年ほど前になりますが、その頃はまだトレッキングシューズも履いてなくて一の越まで登り、どうしてこんなしんどいことをしているのだろうと我ながら思ったものです。
でも、その景色や、ターミナルから天狗平までの歩きで、花の多さ、可憐さに魅せられ山歩きをするようになりました。
いつも、テレビでこの開通の映像が流れますが、この季節でも景色を眺めるだけでなく、登ることも出来るのですね。それに温泉も営業しているのですか。読ませていただいて初心者の私は目からうろこ状態です。
それにしてもお天気に恵まれた山行きが多くて羨ましい限りです。
一の越からのスキー、気持ち良さそうですが、腕に?(足に)自信のある人でないとだめでしょうね。これからも、山行の記事、楽しみに読ませていただきます。
つれづれ
2006/06/22 16:40
コメントありがとうございます
情報が少なかったのと初めての室堂ということでまさに「出たとこ勝負」の山行でした 悪天候なら室堂周辺の散策のつもりでした スキーやスノーボードは本当に気持ちよさそうでスキーの得意でない私には羨ましかったです この日の立山は真っ白と真っ青だけの別世界でその景色だけでも来た甲斐があったと思いました  
あき
2006/06/22 22:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
★ 強風で敗退   立山 【2006年4月17日】 米山の麓より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる